国内最速のレンタルサーバが登場!WordPressにも最適な環境を一部上場企業が提供!

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】(このはウィング)が2018年9月にサービスを開始しました。

「ConoHa WING」の読みは「このはウィング」。なんとも可愛らしい名前ですが、サーバーの性能は国内最高峰!!

登録アカウント数13万件を突破した「ConoHa」が提供した、国内最速の高性能レンタルサーバーサービスです。

ConoHa WING(このはウィング)はとにかく速い

国内最速の根拠は?

ConoHa WINGと国内主要のレンタルサーバーで、レスポンスの速度を比較した結果、2位と圧倒的な差をつけてConoHa WINGが「No.1」を獲得しました。その差は2倍!

Webサーバー処理速度が早いということは、サイトを見る人にも、使う人にもストレスがありません。一気に多くの人がサイト訪問しても重くなりづらく、快適なサービスを提供できるということになります。

ConoHa WINGはどうして早いの?

  • 独自チューニングしたキャッシュ機能で従来のサービスより高速レスポンスを実現。
  • 超高速PHPアプリケーション実行環境「LiteSpeed LSAPI」を採用。
  • 「HTTP/2」対応でWebサイトを高速表示。
  • 高速Webサーバー「NGINX」に対応。
  • 最新のピュアSSD RAID10構成のハイスペックサーバー。

高性能のサーバーと最新のSSD RAID10構成を採用、さらに高速化させるNginxを利用してキャッシュ機能をチューニング…車で言えばF1カーのような高速性を追求した機能になっています。

車で言えば、一般的なレンタルサーバーは普通車、ConoHa WINGはスポーツカーをさらにカスタマイズして早くした高速車、といえばわかりやすいでしょうか。

ConoHa WINGは、とにかく早い。ブログの代名詞となっているWordPressは重いのがネックですが、「LiteSpeed LSAPI」というPHPの実行処理速度を速める環境を採用しているので、WordPressでもサクサク動きます。これはすごい!

速いのはいいけど、安定性は?サイトが落ちたら困る…

ConoHa WINGは、CPU・メモリなどのリソースを保証するリザーブドプランを提供しています。リザーブドプランは、他のユーザーの利用状況に影響されることなく、常に安定した環境を利用できるようです。

ということは、他のユーザーのサイトがバズって一時的に負荷がかかった、自分のサイトには影響ないということ。これは助かりますね!

さらにConoHa WINGは、サービス品質保証(SLA)を導入していて、サーバーの月間稼働率が99.99%以上。サーバが落ちる可能性はほぼないというくらいの数値だと思います。



高性能なのに月額1200円〜選べる6つのプラン

最低利用期間・初期費用無し

低価格のレンタルサーバでは、初期費用がかかる場合が多いです。そして高スペックのレンタルサーバでは、最低利用期間が3ヶ月や半年に設定されている場合があります。

ですが、ConoHa WINGの利用料金は、初期費用なし。最低利用期間もありません。サーバー費用だけなので、てコストから始められるんです。

1時間、2円から使える驚きの料金体系

1時間、2円!?と思いませんでしたか?私はびっくりしました。なにそれ、価格破壊!!

ConoHa WINGは従来のレンタルサーバーには無かった、1時間単位の料金システムを採用しているんです。利用料金が月額料金に満たない場合は、時間単位の課金へ自動的に切り替わり、常に一番安い料金になるように計算されています。

これはサイト開始時にはとても嬉しいサービスですよね。サイトを作ろうと思ったけど、月末だからあと何日か待った方がお得なのかな…と悩むことなく、すぐにサーバ契約ができます。

人気No.1のスタンダードプラン

ベーシックプランでも機能は十分ですが、一ランク上のサイトを目指すならスタンダードプラン。

ドメイン無制限、データベース80個。SSDも300GB。1サイトにつき1データベースだとしても80サイト作れます。速さも容量も十分!

安定性を求めるサイトにはリザーブドの3プラン

さらに安定性を高めるリザーブドプランはこちら。ベーシックプランが月額1500円、スタンダードプランが月額3000円。

レスポンスが速くて他サイトに影響されない安定性を持ったレンタルサーバが1500円!!驚きです。

一昔前は普通のスペックのレンタルサーバでもこのくらいしましたよね?高スペックになると6000円とかザラだったと思います。レンタルサーバも安くなりましたね…。

ConoHa WING(このはウィング)は速いだけじゃない

セキュリティ対策も万全

Webサイトには欠かせないSSL

Googleが提供するブラウザ Google Chromeでは早くも今年から「常時SSL(https)に対応していないサイトでは、ブラウザ側で警告が表示される」ようになるらしいです。

となると、サイト運営にはSSLは欠かせません。SSL証明書を取得しようとすると、安くて1000円/年程度から10万円/年を超えるものまであります。

ConoHa WINGでは、Webサイトに欠かせない独自SSLを無料で提供しています。設定も簡単!コントロールパネルから1クリックで即日発行されます。

サイバー攻撃からサイトを守るWAF

WAFとは、Webアプリケーションファイヤウォールのことで、様々なサイバー攻撃からWebサイトの安全を守ります。

ConoHa WINGでは、WAFの設定もコントロールパネルから簡単に導入できます。常に最新の攻撃パターンに対応出来るシグネチャ型WAF「SiteGuard」が採用されているので、安心できますね。

迷惑メール対策が標準装備

メールの送受信時にリアルタイムでウイルスをブロックできる「ウィルスチェック機能」と、クラウド型の高精度スパム検出エンジンで迷惑メールを排除できる「迷惑メールフィルター機能」が標準で装備されています。

他サーバーからのWordPress移行も1クリックで簡単!

サーバ移行の時に面倒なWordPressのデータ移行。ConoHa WINGでは、独自開発のWordPressかんたん移行ツールを使用してWordPressの移行作業をワンクリックで完了できるそう!これはとても嬉しいですね!!

多彩な機能


ConoHa WINGでは、数々の便利な機能を提供しています。

  • WordPress 簡単インストール
  • マルチドメイン 無制限
  • メールアドレス 無制限
  • PHP7/5、MySQL、phpMyadmin
  • 自動バックアップ
  • アクセス解析
  • 電話サポート

メールや電話での問い合わせはもちろん、サービス導入時の相談がチャットでできます!チャットの対応時間は10:00~18:00(平日のみ)対応時間街はオフライン表示が出ます。

まとめ ーConoHa WING(このはウィング)はこんな人にオススメ

ConoHa WING(このはウィング)に向いている人チェックです。

  • 高スペックな環境は欲しいが、自分でサーバ構築はしたくない
  • WordPressをストレスない環境で使用したい
  • 自動バックアップで安心して運用したい
  • サーバが落ちると非常に困る
  • 初期費用は抑えたい
  • サポート面で安心したい
  • 現在または将来的に複数のサイトを運営したい
  • 未上場の会社が提供するレンタルサーバーは不安
  • 安心や手間を買えるなら買いたい
  • レンタルサーバーが多すぎてどこがいいのかわからない

5つ以上当てはまったら、ConoHa WING(このはウィング)がオススメです!!

せっかく手間暇かけて作ったサイトが消えた、サーバが落ちて順位が下がった、アクセス数が激減…なんてことになったら泣くに泣けません。

実は私もサーバーのデータが消えるという体験をしたことがあります。今回、このはウィングの性能を調べてみて、私もこの場ウィングに乗り換えようかなと思いました。

レンタルサーバー難民の方の参考になれば幸いです!!