ふるさと納税をする前にこれだけは知っておきたいデメリット!控除対象は?

突然ですが、「ふるさと納税」やってますか???

「ふるさと納税」という言葉がだいぶ普及して、耳にしたことのない人の方が少なくなってきたように思いますが、実際のところどうなのよ!?って知りたくないですか?

実は我が家は去年「ふるさと納税」デビューしました!

やってみて感じたデメリットをお伝えしたいと思います。

ふるさと納税とは?

これだけ普及すると、今さら聞けないし!

と、思ってる友人も多数いるのであらためて簡単に説明すると、

実質2000円を自己負担し、好きな都道府県市町村へ「寄付」する

ということです。

そもそも、地方と人口の多い都市とでは税収の格差があるので、それを縮めようと始めたものです。

だって、地方で仕事がなかったら仕事のありそうな都会にでるじゃないですか。

仕方ないよね。働き口がないと生きていけないもんね。

そうなると地方から人がどんどん出ていって、その地域に税金を納める人がいなくなってしまえば地方は廃れていってしまうよね。。。

それをなんとかしよう!とはじまったのがこの「ふるさと納税」です。

応援したい地域に「寄付」をして地域振興に参加するだけでなく、返礼品までいただけちゃう♪という仕組み。

なんかいいことばっかり書いてあると、怪しい~・・・!

と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・?

自己負担金あります!!

「ふるさと納税」って「納税」という言葉を使っていますが税金ではありません。

あくまでも「寄付」なんです。

「ふるさと納税」という制度を使って寄付します!

とするためには実質2000円を自己負担する必要があります。

タダではないのですねぇ~。お金払うの?なんかちょっと損した気分にならない??

そもそも、「寄付」の目安になる金額は所得等で人それぞれ違ってくるのですが、その所得に応じた一定額(寄付の目安になる金額)までは、自己負担の2,000円以外の全額分、支払う税金が減ります!

つまり、支払った寄付金とほぼ同額の金額の分、所得税・住民税が減ります

一定金額までは自己負担2,000円のコストでふるさと納税ができます!

この2000円を支払ってもいいと思えるような返礼品だったら、ちょっとお得に感じますね!あら、デメリットなのかメリットなのか・・・♪

返礼品の還元率が年々減少

「ふるさと納税」が盛り上がってきた頃、問題になったのがこの「高額返礼品」

還元率が良すぎたり、地元のものではない高額商品だったりで、だんだん規制が厳しくなってきてしまいました。

「最大限に得したいけど、損は最小限で!」

私も含めて、たいていの人はこのように思うでしょうから、今ある中での高額返礼品はすぐになくなってしまう傾向にあります。

寄付する方としては、返礼品が高額だったりたくさん受け取れたりすることはとっても嬉しいことなんですけどね!

でも、返礼にまた高額なお金がかかってしまっては本末転倒。

いろいろ問題視され、言われてしまうのも仕方がないと思います。

還元率が下がってきたと申しましたが、この制度自体見直しする話も出てますからね。

もらえるだけありがたいって感じなのでしょうか?

(でも、そんなことしたらまた地方の税収は?どうなるの???)

負のループがやって来る前に「ふるさと納税」で今最大限に得をしたい人は、

モタモタしていないで今すぐ「ふるさと納税」をチェックしてみるといいかも!

まだまだ間に合う素敵な返礼品があるかもしれません♪

ちょっとした宝探しみたい!

どんなものがあるか興味をもったら調べてみてくださいね。

ちなみにアパレルや日用品専門のふるさと納税サイト「エフ」なんてのもあります!


確定申告必要ですョ

確定申告という言葉を見るだけで

「めんどくさいから辞めておこう~」

と、思ってしまいません?

この確定申告の意味は、

ふるさと納税で所得税と住民税の控除を受けるため

です。別にね、しなくてもいいんですよ。面倒なら。

控除が受けられないだけで、別に罰せられません。

でもでもでもでも!

こんなに金利も低い世の中で、差っ引くものだけガンガンとられて

お金が返ってくる(納める税金が少なくなる)方法があるのに、

それがそんなに知れ渡っていないのって

ちょっと問題だと思いません?

サラリーマンの方は会社が年末調整をやってくれるので、「普通」は確定申告の必要はありませんが、「ふるさと納税」をやった(やってみよう)と思っている方は今から書くこと要チェックですよ!!!

「ふるさと納税」で本当に面倒な手続きで確定申告をする人は限られています!

↓↓↓あなたはどっち↓↓↓

確定申告をしなくてはいけない人

①自営業の方

②年収2000万円以上の方

③「ふるさと納税」を6か所以上寄付している方

あっぶなーい!どれも華麗にスルーできました!

あ、我が家の場合ですが(笑)

すみません、どうでもいい個人情報を流してしまいました^^;

上記に当てはまる方は、確定申告が必要なようです。

でも、きっと上記の方たちは毎年なさっていることでしょうから、いつもと同じ手続きなのでしょうね。

ん?③「ふるさと納税」を6か所以上寄付・・・?

それ以下の数で「ふるさと納税」で「寄付」した人は??

その辺、もうちょっと気になる方はこちら↓

”簡単な”申告をしなくてはいけない人

・「ふるさと納税」を5か所以内に寄付した方

え?確定申告必要なんじゃん!!

”簡単”ってつくけど、やっぱりやらなくちゃいけないじゃん!!

って、そんな風に思わないで読んで欲しい・・・

2017年4月から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が導入されました。

【あらかじめふるさと納税を行う際に申請をしておけば、確定申告をしなくても翌年の住民税から控除を受けられる】

というものです。

このワンストップ特例制度、手間がまったくかからないわけではないんです…^^;

ワンストップ特例制度を利用するには、

「寄附金税額控除に係わる申告特例申請書」

を寄付した自治体ごとに記入し、本人確認書類を添付して郵送しなくてはなりません。

また、ワンストップ特例制度を適用するには、ふるさと納税を行う自治体の数を5団体以内にする必要があります。

その5ヵ所分の書類を記入し郵送するのはやはりそれなりに負担・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、3月15日までに自分で税務署に赴いて確定申告するよりずっと楽チンです。

またワンストップ特例制度の申請書類はふるさと納税を行った翌年の1月10日必着です。これ重要!!!

仮に5ヵ所にふるさと納税し、1カ所だけ書類が届かなかったり不備があったりした場合、その自治体に寄付した金額は控除を受けられないなんてことになってしまいます(>_<)

12月末までに納入して翌1月10日までに不備なく書類が到着しないと、翌年の確定申告の対象にならないので、かけこみで「ふるさと納税」をされる方は「寄付」される日にちや期日までの書類のやり取りにお気を付け下さい!

寄付する金額がわかりにくい

「ふるさと納税」で「寄付」できる金額は、その人の所得等によって違います。

上記にも「一定金額」と書いていますが、源泉徴収票を見てもさっぱりわかりません。

ネットでググると計算式が出てきたりします。

でもね、計算間違えしてちょっと多く寄付してしまった場合・・・その「ちょっと多く」の部分は本当に丸々寄付することになるんです。

それはねぇ、それはちょっとねぇ・・って思いますよね?

え?そう思うの私だけかな???

私と同じように思う方は、ちょっとの手間で解決!

市役所に行って世帯の「寄付」可能額を聞いてみましょ♪

私の住んでいる市町村では、夫が世帯主ではありますが私でもこの問合せに応じくれました。

これでスッキリ!

自分の世帯がいくらまで「寄付」できるかわかれば

その金額を超さない範囲で「寄付」すれば、丸々寄付するという事態にはなりません^^;;;

ただ、上記の金額はあくまでも、参考金額にすぎません。

12月末で正確な金額が確定するわけですが、

それをまたずして手続きしないといけないのが「ふるさと納税」の仕組みになっているので、ギリギリの金額で攻めるか、ほどよいところでやめておくかは性格で分かれるところかもしれません!

参考までに、我が家はギリギリまで攻める派です!!

まとめ

以上、「ふるさと納税」をする前に知ってほしいデメリットを挙げてみました。

1つずづ見てみると、どれもそんなに大変なことではないかな?と思います。

制度のメリットを最大限利用するには「ちょっと」の手間を惜しまないのがポイントです。

「ふるさと納税」、賛否両論いろいろな意見があると思いますが、メリットだと感じた人はやらない手はないですよね!

また頭のいい人たちがいろいろルールを変えてくる前に、私は今年もこの恩恵に与ろうと思います!


ABOUT ME
satoko
satoko
木曜担当。 男の子2人の母。毎日子ども達の習い事の送り迎えで疲労困憊中。