2018年おせち料理。失敗しないネットおせち3選は料亭おせち?

今どきは、おせち料理を食べないご家族が増えていると聞きました。”仕事で作る暇がない方”、”海外で過ごされる方”、”作っても家族の皆がおせちを好きではないから食べてくれないので、もったいないから作らないという方”理由は様々だと思います。

ちなみに私の家族は”おせち料理”を作っても、あまり嬉しくなさそう。でも何となく毎年作ってはいますが。毎年同じ感じだからかな・・。今年は少し料理の雰囲気を変えてみようかと考えてみたりしています。

おせちを食べるのは、お正月くらいは女性たちに炊事仕事を休んでもらいたいから”ということを聞いたことがある方が多いのではないかと思いますが、お正月には年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)をお迎えします。年神様をお迎えした後は物音を立てたり騒がしくしないために炊事仕事をするのは好ましくない、ということで料理をすることを控えていたのだそう。

そのため年末に日持ちのする”おせち料理”を作り、お正月に食べたのがもともとの意味なのだそうです。

もともとは収穫物の報告や感謝の意を込めて、その土地でとれたものをお供えしていたようですが、暮らしや食文化が豊かになるに従い山海の幸を盛り込んだご馳走になり、現在のおせちの原型ができたそうです。

どんどん貴重になっていく”日本文化”の一つですね。そして”幸せな一年でありますように!”と願いが込められた縁起の良い食材。繋げていきたいと思います。

インターネットでおせち料理を見てみると、すごいんですね!

フレンチなんて素敵!ワインと合わせて楽しみたい(⋈◍>◡<◍)。✧♡



馬刺し好きには、たまらないかも!



全部おいしそうで迷っちゃう(*´ω`*)

どれも、おいしそうで見ているだけでしあわせな気分になってしまいます。ちなみに私がいいなと思ったおせちは”匠本舗”の”全国の料亭おせち!”でした。

”年の初めの特別な日だからこそ失敗したくない”という主婦の気持ちを汲んでいるところも魅力的!一度試しにお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

ABOUT ME
yumi
yumi
水曜担当。 いつも必死だけど空回りしている母。美味しいものを見つけて食べに行くことが大好き。