コード付きダイソン掃除機が使いづらい3つの理由!使いやすい掃除機はどれ?

毎日の掃除機がけを担当している主婦(主夫)の方、掃除機がけは本当に大変ですよね!1日掃除機をかけないだけで、ほこりやゴミが目に見えるほどたまっていくし、午前中に掃除機がけをした直後は綺麗でも夕方にはゴミが目に付いたり・・。

子どもたちがまだ幼稚園にもいかない小さいころのママ友は、夜に帰ってくる旦那さんに「掃除はしているのか?」というようなことを言われる、と愚痴っていました。

そう!夕方には掃除機がけをした跡形もなくなるような状態になるのです。このころ、子どもが小さいから汚れるのだと思っていました。しかし、ある程度大きくなった今、まだ同レベルに汚れます・・・。そして犬も飼ってしまったので、同レベル以上に汚れています・・・。

子どもたちが幼稚園や小学校に行き、家にいる時間が以前よりも短くなった分、掃除機がけ直後の綺麗さが長く保たれるようにはなりましたが、最終的に夜寝る前には昔と同レベルの汚れです・・。なんで??きっと掃除機の差に違いない!と思い、約5年前に、使っていた掃除機が壊れたのを機に思い切ってダイソンの掃除機を購入しました!!

掃除機といえばやっぱりダイソン!?

ダイソンに決めた理由

前に使っていたのはシャープの掃除機でしたが、徐々に吸引力が弱くなり、最後はゴミが吸えなくなりました。だから「吸引力が落ちない」というダイソンがとても魅力的で、吸引力の強い掃除機を使えば綺麗が続くかと思い、「やっぱりダイソンでしょー」と思いましたが高い!迷いに迷いましたが

  • 強い吸引力
  • 強い吸引力が落ちない
  • 手入れが楽
  • 排気がキレイ
  • 消音タイプより2万円安かった

これらの理由で憧れのダイソン(コード付き:DC46)を約6万3千円で購入しました!高っ!

やっぱりすごいダイソンの吸引力

実際に使ってみると、やはり音は少々大きいものの、夜に使っていないのでご近所には迷惑はかけないかな、という感じだし、何よりやはり吸引力はすごい!細かいほこりのようなものが集まったようなゴミまでとれるとれる・・・。

サイクロン式掃除機なので、1回掃除機をかけるごとに集めたゴミを捨てていました。それが面倒で紙パック式を使っている方もいらっしゃると思いますが、私は「今日はこれだけとれたー!」と達成感を味わえるので、1回ごとにゴミを捨てることは面倒ではなかったのです。

ほぼ毎日、ダイソンを使い続けましたが、もちろん吸引力が落ちることなく、たくさんのゴミを取り続けることができました。

ダイソン掃除機の使用をやめた理由

ダイソン掃除機への不満

それから3年ほどダイソン掃除機を使い続けましたが、少しずついくつかの不満がでてきました。それは、、、

重い

これはコード式の掃除機なのである程度の大きさがあるため、本体は少し重いですが(6.23kg)持ち運びが苦になるほどではないです。では何が重いのか?それは、強い吸引力のため、掃除機をかけているときヘッドが床やカーペット、畳に吸い付く力がすごく強いのです!だから、掃除機がけをしていてもツイーと滑らかに動かすことができず、力がいるのです。なんかスムーズに動かない。疲れるし、時間がかかる。たしかに、掃除機はゆっくり動かす方がゴミがとれる、といわれていますが、主婦(主夫)は時間がない!ツイーっと滑らかに掃除機がけをしたいのです!

ゴミが捨てづらい

ダストケースにたまったゴミを捨てようと蓋をあけてみたところ、蓋がぶらさがったように左右に振り子のように動きました。

蓋がプラプラするので、ダストケースから出たゴミが蓋に乗ってほこりを撒き散らしたり、そのままごみが蓋に居座ったり・・。なんかうまく捨てられない。


結局蓋を全開にするように手で押さえてあげなければならず、とても捨てづらい。毎日する動作なので、ちょっとでも不便さを感じてしまうと気分が沈みます・・。

収納しづらい

日本製の掃除機は、かなりコンパクトに収納できるように考えられているように思います。ですがダイソンの掃除機はあまり考えられていないようです。


初めて収納したとき、「もうちょっとコンパクトにならないの!?」とびっくりしました。かなり場所を取ります。なので、自分なりに工夫して収納するしかないです。

これらの他にも、

・ヘッドの回転ブラシがうまく回らなくなった(ガムテープで押さえて使用している)

・ダストケースを本体に取り付けづらい

・ダストケースのプラスチックが薄くまだらな模様なようなものが見える。これは、開発をしている旦那によると「日本では製品にならないレベルだ」といいます。日本製品に慣れていると、「これはすぐ割れるんじゃないの?」と思えるくらい弱弱しいです。

などの不満があります。日本では性能に加え、耐久性や収納の仕方にもこだわりがあるように感じますが、ダイソンは「機能のみしっかりしてればあとはいいじゃん」と言っているようです。いや、確かに吸引力はすごいけどさ・・・。

重いし捨てづらし、だんだんと掃除機がけが億劫になっていきました。

充電式掃除機に出会う

いくら吸引力がすごい、とはいえ、2階にまで掃除機をもってあがって掃除機がけをするのはやはり手間でした。主婦(主夫)は忙しい!だから、2階に洗濯物を干したついでにささっと掃除機がけができるように、2階用に充電式掃除機が欲しいな、と思っていました。

そんな時、近所のイオンの閉店セールで値下がりしている充電式掃除機を見つけました。正直、「2階の掃除機だし、こだわらなくていいや」との思いから、安さに惹かれて購入し、使い始めました。

これがなんと、使いやすい!サイクロン式だからか吸引力も強いし、軽くてスムーズにヘッドが動く!ツイーっと滑らかに掃除機がけができるのです!首振り機能がついていてベッドの下など狭いところもラクラク。これはすごい!すぐお気に入りになりました!

ダイソンより充電式掃除機

充電式掃除機をメインの掃除機に

私のお気に入りの充電式掃除機は、ツカモトエイムのスーイネオ(AIM-SC11)というものでした。これを2階で使っていましたが、毎日の1階の掃除機がけのとき、ダイソンを使うより楽なので2階から持ってきてこちらを使っていました。軽くラクラク掃除機がけができて、なんとダイソンを使っていたときは1時間弱かかっていたのに、30分ほどでできるようになったのです。これは驚きでした。

主婦(主夫)は忙しい!

時短はホントに嬉しいものです。毎日のように2階から持ってきては掃除機がけをしているので、1階用のメインの掃除機に、ともう1個買おうと決心しました。そして、この掃除機の新しいモデルサイクロン式2in1スティッククリーナー AIM-SC21をメインの掃除機にしようと購入しました!値段は1万3千円くらいでした。

隙間ツールがハンディークリーナーに内臓されている

スーイネオが使いやすいのは、軽くてラクラク掃除ができることなのですが、もう1つ。

隙間ツールがハンディークリーナーに内臓されているのです。

ダイソンを購入したときにも「これも付けます、あれも付けます」という感じに付属ツールを何個もつけてくれました。しかし、使わないのです!なぜ?

付属ツールを持ち歩いて掃除機がけをする方はいないと思います。我が家でも掃除機をしまっている押し入れに付属のツールを一緒にしまっています。だから、掃除機がけをしているときに、「今ここの角にあるほこりを取るのに隙間ツールを使いたい!」と思ったとき、

一度掃除機の電源を切る

ツールを取りに行く

掃除機にツールを取り付ける

ごみを吸う

ツールを戻しに行く

毎日の掃除機がけにこの動作は面倒くさい!!主婦(主夫)は忙しい!いつも私は「面倒だから今度でいいや」となり、結局いつまでたってもやらない状態となります。

しかし、スーイネオなら、「隙間ツールを使いたい」と思ったとき、

ハンディクリーナーを本体からはずす

内臓されている隙間ツールをさっと伸ばす

ごみを吸う

その場から動くことなくスムーズに隙間ツールを使うことができるのです!とても便利なのです。

我が家では3人の子供たちがリビングで宿題をしています。テーブルの上にはたくさんの消しゴムのカスが散らかります。これをサッと掃除するのにもスーイネオは便利なのです。ハンディークリーナーを本体から取り外し、隙間ツールを伸ばして吸い込めばOK、子どもできます。

フィルター交換で吸引力も回復

また、確かにスーイネオでは吸引力は落ちていきます。しかし、フィルター交換をすることで吸引力が回復します!フィルターは1個1080円だったと思います。ちょっと高いんじゃない?とお思いかもしれませんが、ダイソンを買ったとした場合を考えると、、、

6万3千円(ダイソン)-スーイネオ(1万3千円)=5万円 *私が購入したものの場合

ということは、約5万円分フィルターが買える!単純計算で約46個分!フィルターを交換して吸引力を回復させながら使えます。(実際には46個ものフィルターは購入しないかもしれませんが(^_^;)その前に本体が壊れることもあるかもしれないし。)

使ってみて、自分のニーズに合っていなかった、、という場合でもお手軽な値段のものであれば、さらに自分に合うものを探そうと思えるのではないでしょうか。

しかし、ダイソンほど高い値段のものを思い切って購入した時は、たとえ使いづらくても「高かったんだから使わなくちゃ」と日々使いづらさを抱えながら使わなくてはならないという苦痛も伴います。

ダイソンよりこまめな掃除機がけでハッピーに

普段の掃除機がけには、重いダイソンよりこまめな軽い掃除機がおすすめです。

・子どもが食べこぼしたものや消しゴムのカスをハンディークリーナーでさっと取る

・出かける前に1分でもテーブルの周りだけ掃除機でゴミを吸う

・掃除機できない日が続き部屋の角にほこりが目立ってきたとき、でもしっかり掃除機する時間がないときに目に付くほこりだけサッと吸う

など、こまめに掃除機を少しだけかけるだけでも、綺麗になります。お子さんにお手伝いしてもらってお子さんの目線で見えるゴミを吸ってもらうだけでもだいぶ綺麗になります。そこで「綺麗になったね~ありがと~」とお子さんを褒めてあげれば、お子さんは褒められ、部屋は綺麗になってママもうれしい、みんなハッピーになります。

重いダイソンでは手軽に掃除機を取り出すこともできないし、掃除機できなくてゴミが目についてくると、「あぁまた掃除機できなくて部屋が汚くなっていく!」とイライラもたまってしまいますよね。

コードレスダイソンをご使用の方で「コードレスならここがすごいよ!」というご意見の方もいらっしゃると思いますが、今回のお話はあくまで私が購入したコード付きダイソンについてということをご理解いただけたらと思います。

使うのが億劫になってしまった我が家のダイソンですが、それこそ「高かったのに使わなければもったいない」と思いつつ普段はほとんど登場しません。主にエアコンのフィルターを掃除するときにその見事な吸引力を発揮してもらっています。普段は軽い掃除機でこまめな掃除を心がけています。

ABOUT ME
tomo
tomo
月曜担当。 子育ての忙しさを愛犬に癒され中。何でも適度にがんばる欲張り主婦。