ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」第7話あらすじ*ネタバレあり

今日も楽しく、神様の教えを学んでみましょう💛

今までの修行を通して今の自分をどう感じていますか?

彩香
彩香
そう言えば前に比べて思ったことを口に出せるようになったかも。
里琴
里琴
周りと上手くやれるようになった。
佳恵
佳恵
とりあえず新しいスタートを切ることができた。

でもまだまだスタートラインには立てていません。というわけで第2形態!これからは、それぞれの個性を出していきましょう。

【case1】モテ女だけど頭が悪い⇒⇒⇒天然

【case2】モテ女だけど性格が悪い⇒⇒⇒小悪魔

が、しかし、ブスがこれと同じことをしても、バカ・性格が悪い、とそのまま言われてしまうだけ。

では、どうするべきか。

ブスな部分を長所に変えてしまえ!

欠点を欠点として見るのではなく、自分の個性だって考えるの。

【彩香】自己表現が下手くそなところ

【里琴】融通の利かないところ

【佳恵】すぐ他人のアラに目がいってしまうところ

こういった欠点を個性ととらえ“くるっ”と長所に変えてしまいましょう。

ブス Be  ambitious

情報漏洩…。たけのこ酒造さんとの契約が直前で横取りされた裏に、その可能性が出てきました。契約を横取りしたワンオアエイトカンパニーという会社は、ここ数年で急成長を遂げたそうですが、裏では相当あくどいことをしているという噂が。森は社長の了解を得て引き続き調査をすることに。そして今後、木原さんにも協力をお願いする予定であることを社長に報告したうえで、改めて里琴にお願いするのですが「そんな重要な仕事、私なんかでいいのか?」と躊躇する里琴に森は「曲がったことは絶対にしないだろ?そこは信用に値すると思っている。だからこそ、引き続き力を貸して欲しい」と気持ちを伝えるのですが「気持ちはありがたいけど正直に言うと抵抗がある。同僚を疑うことは気が引けるから。」と、返事を渋る里琴に「考えておいてほしい。」と時間を置くことに。

会社の入り口では【セキュリティ強化週間】として、彩香と総務部の社員が、社員証や訪問者の確認をしていました。他の社員が「ちょっと行ってくる!」と席を外して、彩香が一人のところへ【ハワイアン的な装いでサングラス】という見るからにあやしそうな感じの人が現れます。そこで彩香があわてふめいているところへ社長がやって来て、今回の問題を解決するために助けを求めていた社長の実の弟だということがわかりました。

社員を集め緊急会議を開き「社員達は会社の柱だ!」と社員達がいかに大切な存在かを熱く語る社長の弟。とても素敵なことを話してくれているのだけれど、その勢いに少し引き気味の社員達を横に、一人感動している彩香。突然一人神様に呼び出されます。

彩香
彩香
会議中なんですけどー!って、私だけ?新しいパターン⁈

今回からは個別指導をちょいちょい入れて行きたいと思います。…で、どうやって長所に変えていく?

【里琴と佳恵の本音】落ち着きがない。すぐにテンパる。0か100かで間がない。でも、思いやりがある。人のことを考えている分、自分のことは後回しにしちゃうんだと思う。思い切りの良さ。計り知れないパワーを秘めている気がする。

二人がこんな風に自分を見てくれていることがわかり、うれしくなる彩香。そこで現実に戻されると新プロジェクトの話題になっていました。「新プロジェクト、やる気のある人はいますか?」という社長弟の質問に「私やります!」と手を挙げる彩香。

中川彩香

思いやりの心と思い切りの良さで立って見せます人生のセンター!エンジンはいつもフル回転。

里琴
里琴
「Be ambitious『大志を抱け』」か…。

一人つぶやく里琴が今度は神様のもとへ。

ちょうどいいブスの神様
ちょうどいいブスの神様
森君の依頼どうして躊躇しているの?せっかく信頼してくれているのに。

だからです。今まで自分のことしかやってこなかったから、自分のことを信頼してくれる人の為に頑張るのが怖い。

ちょうどいいブスの神様
ちょうどいいブスの神様
要するにビビっちゃってるのね。

【彩香と佳恵の本音】正直怖い。言い方がキツイ。かたい。面倒。でも、正義の人。総務部って、なんでもかんでもいい顔をして引き受けると部全部にどんどん負荷がかかっちゃう!木原さんはそれを防ぐために一人で戦って来たのでは?それゆえの❝融通が利かない❞だったんだよね、きっと。

ちょうどいいブスの神様
ちょうどいいブスの神様
ここ自信持っていいところじゃないかな。

気持ちの整理が出来た里琴は、森から依頼された仕事を引き受けることにしました。

木原里琴

荒ぶる理由は正義感。守って見せます大事な仲間。揺るがない武士魂!

ここ二カ月のビル内の監視カメラ画像が出たから不審な人物が写っていないか手分けをして探そうと、森が里琴に言いに来て作業に取り掛かろうとする二人。このやり取りを陰で課長がそっと見ていました。

早速始まった【お江戸酒場 新店舗開発プロジェクト会議】皆どんどん思ったことやアイデアを発言していく中、一人焦る彩香も頑張って流れに乗って発言しようとするのですが。

彩香
彩香
私の経験値では何も浮かんでこないー‼

時間が経つにつれ皆どんどん熱くなり意見が男女(ケチャップ派とデミグラス派)で分かれてしまい、二チームに分かれて企画を練ることに。ずーっと、あっけにとられていた彩香は、社長弟に女性チームのリーダー役として指名されてしまいました。

何にもしゃべっていないのにヘトヘトになり、休憩しているところへ佐久間君が声をかけてくれました。

佐久間君「ビックリしたでしょ。大体いつも会議では、あんな感じでやり合うんだけど今日は特に白熱したなぁ。」

彩香「そんなことないです。人生何事も経験ですから。それに新しい発見も出来たし。佐久間君はオムライス、ケチャップ派なんですね」

何かいい感じー💛と思っていたところだったのに、仕事の打ち合わせに連れ戻されてしまいます。「相手はスパイしようとして声をかけて来てるのかもしれないから今後口利いちゃダメですよー。」

萌達三人組を含め皆止まらない勢いで試行錯誤をし続けます。そして無事仕事を終え、帰り際に「皆さん、スゴイんですね。」と言う彩香に

萌
いつも合コンばかりしているわけじゃないのよー。仕事にはプライド持ってるし。仕事でもそれ以外でも認められたいから、やると決めたらとことんやるだけ!

萌達三人組が立ち去った後、里琴がコーヒーを持ってきてくれました。

彩香「勢いでプロジェクトのメンバーに参加しちゃったけど、ただただ自分の無力さを感じるばかりで。皆さん一生懸命だし私も気持ちだけでも頑張らなきゃなって…。」

里琴「絶対ムリー!っていう状況でも立ち止まらないのが中川さんだから、きっとやれる!私も信じてくれた人がいるから頑張る!お互い頑張ろー!」

今、自分がやるべき事を見付けて忙しそうにする二人を見て、一人取り残され感を感じる佳恵も神様のもとへ。

【彩香と佳恵の本音】口が悪くて文句ばっかり。怠け者。人に対する好奇心はすごいと思う。観察眼もするどい。それも才能だよね。

仕事の帰り道佳恵は、松澤課長がいつか見かけた時の彼氏とは違う人と仲良さそうに歩いているところを見かけます。

佳恵
佳恵
二人のイケメンを手玉に取るなんてスゴイ!いや、でも二股なんてヒドイ!でも、羨ましい✨頼りにもなって、イケメン彼氏を二人もハベラセ、恐らく金も持っている?

なんで気づかなかったんだ!私は課長を目標にすればいいんだ‼

皆本佳恵

悪口言うため培った好奇心は伊達じゃねえ!唯一無二の野次馬根性!

次の日から課長にくっついて、得する情報を得ようとする佳恵は、今は作成していないけど以前あった社内報で取り上げられている課長の「社内初女性管理職」という記事を見付けました。

佳恵
佳恵
やっぱり課長ってすごいなぁ〜✨

社内コンペ当日。全社員に投票をしてもらいます。結果を見ると同点⁈採点をしてもらうために配ったシールは561枚なのに同点はおかしい!

彩香
彩香
あっ!すみません。私でした。

勝敗を握る形となってしまった彩香。

実は昨夜、お江戸酒場へ行ってきたんです。企画のことが何もわからないので、せめて味の感想だけでも言えたらと思って、独自に契約している農家の有機卵使用を売りにしているという卵料理を全部食べてみたらどれも、とってもおいしかったんです。スタッフの方にお店の見てもらいたいところを聞いてみると「全部です」という自信にあふれた答えでした。お客様に聞いてみると、ご飯がおいしいから一度家族と来てみたいという言葉でした。ですが居酒屋という響きで子連れでは来にくい、逆にお洒落なカフェになってしまうと今度は男性の方が行きにくくなってしまうみたいです。

そんな皆さんの願いを叶えたい。だから家族でも来られるように内装はアットホームな感じにして、お子様が遊べるようにお庭とかも作って、オムライスはご飯の量、種類、それからソースとか全部お客様が選べるようにするんです。ケチャップもデミグラスも両方ありで!

社長「コンペの概念を覆すようなことを言うね!君は!」

彩香「でも、うちは『ジャストライト(全ての人の幸せを目指す。)』じゃないですか!実にうちの会社らしいのではないかと思うんです。」

佐久間「今までは勝ち負けしか考えてなくて、いいとこどりなんて考えつかなかった。皆で成功させましょう!」

彩香の活躍を見て、「無謀にも他部署に乗り込み大型企画を成功させた総務部社員!」という感じで社内報を復活させたいと佳恵が部長に提案します。

仕事を終え、皆が帰った後不審な動きを監視カメラで里琴が確認します。森は福岡に出張で何かあったら連絡してと言われていたので連絡をしようとするのですが繋がらないので、不審人物がいなくなった後、一人現場へ確認に向かいます。

翌日、佐久間君と彩香が【お江戸酒場新店舗開発企画コンペティション】へ、企画の提出に向かうと、全く同じ企画が例のワンオアエイトから朝一で届けられているという事実を知らされます。

最後に

思ったことを少しずつですが、言葉にしたり行動に移すことが出来るようになったら、なんかいい感じになってきましたね。さらに、“皆が幸せになれたら!“と願いながら行動することで、皆が幸せになり、それ以上に自分も幸せになっていくようでした。なかなか現実ではこんな風に目に見えるように上手くはいかないとは思いますが、“ちょうどいいブスの神様”の教えは素敵です。頑張り過ぎず肩の力を抜いて行動できるといいのかもしれませんね。

ABOUT ME
yumi
yumi
水曜担当。 いつも必死だけど空回りしている母。美味しいものを見つけて食べに行くことが大好き。