ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」第4話あらすじ*ネタバレあり

せっかくこの世に生まれて来たのだから、人生楽しみたい!でも、思うようにいかないのが人生なのかな。

今、何か苦しいと思っていることはありますか?もし、あるのだとしたら、それを学ぶために生まれて来たのかもしれませんね。

今回も“ちょうどいいブスの神様”から学べたことがあるので、紹介してみたいと思います。

今回は、一度廃止になった会議(社内向上委員会)を、最近活躍している総務部だけでやりたいと言い出した社長。テーマは「新年度へ向けての会社への提案」。今回はいつもと違ってやる気に満ちている里琴がPR動画を提案します。それが通り、強引な感じで彩香も一緒に手伝わされることに。里琴は【自分にも欠点があることがわかったから意に沿わないことも、すぐに跳ね返さず一旦飲み込むようにしたのだそうです。】

佳恵は全くやる気なし。長年支えてきた、バンド活動をしている彼が大きな舞台で仕事が出来ることが決まってうれしいのだけど、気持ちが今以上に離れて行ってしまいそうで不安な様子。

彩香は高校の時から気になっていた佐久間くんと日曜日にデートをすることになってテンパっています。「デート失敗したらどうしよう。でも出来れば次につなげたい。あわよくばこのまま彼女になってしまいたい。」

ちょうどいいブスの神様
ちょうどいいブスの神様
忍法 召喚の術

【コロンブス君も登場】

コロンブス君
コロンブス君
お呼びですか神様

“初めてのデートをテーマにした様子の映像“を見せて!【相手の気持ちをつかむことができるかな?】

Player 1【萌 VS 男】

《game start》

必殺!クロス髪かきあげ!!【⤴】我がまま【⤵】あひる口・上目遣いからの甘えん坊

【excellent 】《 game clear》❝ 好き放題やっても数値が高い モテ女❞

player 2 【課長 VS 男】

《game start》

男:何が食べたい?課長:お昼何食べた?[課長はパスタ・男は中華] だったら、あっさりと和食がいいかしら=【優しい】 今日寒いし、おでんはどう?=【TPO】  おでんのいいお店知ってるわよ=【情報通】 [「家でも作るの?」という質問に]昆布と鰹節でおだしをとって=【家庭的】 具は適当にスーパーで買ってきて=【本格的だけど押し付けがましくない】 大根はしっかり煮込むかな♪=【食べてみた〜い♡】

【excellent 】 “game clear“ ❝ 料理が得意なアピールも凝り過ぎず、お母さん感を出し過ぎず、絶妙なラインに落とし込みました。❞

さて、あなたたちは恋愛における必殺技ありますか?

【3人】必殺技なし。

【神様】☆必殺技など使わずコツコツポイントを稼ぐ  ☆ちょうどいいブスの恋はRPG  ☆少しずつ経験値を積んで一つ一つステージをクリアしていく。そうしていけば最終的に恋の勇者になれる。そのためにもまずは目の前の課題をコツコツこなしていきましょう。

 

佳恵にお金を借りたいと言い出してきた彼氏、そしてネットではファンからの「彼女はいますか?」という質問に「彼女募集中!」と答える彼。不信感は募る一方です。そんな時、不安でいっぱいな感じの佳恵を見た、“優しい・気が利く・彼氏イケメンの課長“が飲みに誘ってくれました。恋愛が長続きする方法を聞いてみると。「いつも好きな自分でいられるってことかな。自分の人生だもの、無理して相手に合わせてただ苦しいなんて生き辛いだけじゃない?」

ところが日曜日、彼が親戚の子と言っていた女の子とキスしているところを目撃してしまいます。ひどい!信じられない!!今の彼といると、どんどんブスになっていく自分に気が付いた佳恵は勇気を出して別れを告げます。

彩香の前に水嶋登場:会社のPR動画のコメント撮影の為に来てくれます。しゃべるのが得意でその場で適当にしゃべることが出来る人。佐久間くんと楽しく会話ができるようになるために会話力を身に着けたい彩香は心の中で“師匠”と呼ばせていただくことにします。「どうしたら人前でそのように上手にしゃべることが出来るようになるのでしょうか?」 師匠:どんな人とも話せるようにアンテナを張り巡らせて情報だけは蓄えるようにしているよ。まずはネタ帳などを付けてみては? “素晴らしい!心の師匠✨“

そんな、佐久間君と食事デートの予定までありつけた彩香に魔の手が。

彩香の行動に影響を受けて少しずつ変わっていく里琴は、萌の行動が気になり、PR動画に協力をしてくれた萌のPR動画を確認すると:「これだけは絶対譲れないってことが出てくると思うんですよ。『今ここで手放したら絶対後悔する。』そう思ったら妥協はしないほうがいいと思います。私だったら絶対譲らない!」 なんか嫌〜な予感。

高校の時から気になっていた佐久間くんと2人で食事に行く約束が出来たのに、会話力の師匠として好意を寄せる彩香に、勘違いをしてしまう水嶋を使いダブルデートに持ち込む萌。

そしてデート当日、突然ダブルデートと知り少し混乱しますが、師匠がいるなら安心と前向きにとらえる彩香。会話が止まり「どうしよう。」と考える彩香の横で、萌が師匠に「水嶋さ〜ん、何か盛り上げてくださいよ。」師匠:「一人ずつ好きな動物の名前を言っていくか。意外とそれで人間性がわかったりするんだって。」✨さすが師匠。

師匠はライオン。「餌とかメスが捕ってきてくれるんだろ?」

萌はクジャク「メスを口説くためにオスがカッコイイアピールをしてくれるから。」

彩香 なんて答えたらいいんだろう。考えてるうちに順番来ちゃったー。頭真っ白ー。「サル…かな。温泉とかは入れていいかなー…なんて…( ̄▽ ̄)。」

佐久間君はオオカミ。「オオカミって一度ツガイになると一生連れ添うんだって。」

その時萌に電話が入り、師匠はトイレ。突然二人きりになってしまい焦る彩香。何を話そうかとネタ帳を佐久間くんに見られないようにチェックしていたら下に落としてしまいます。中を見られてしまったので、正直に「どうしたら佐久間君のような誰からも好かれるような人になれるの?」と聞いてみると「そんなすごい人間じゃないよ。」「『何事にも一生懸命』そこ自信持っていいところだと思うよ。」

佐久間くんに褒められたことを化粧室で喜んでいると、萌がやってきて「私と佐久間くんは付き合っている」と言ってくるのです。

 

“我関せず”を貫き通してきた里琴は、というと、“会社全体のプロジェクト”に取り組む姿に感動。リーダーに向いているのでは?と社長。

日曜日、里琴がジョギングをしていると公園で、いつも会社で喧嘩になってしまっていた森が甥と遊んでいるところに偶然出くわし、一緒に遊んであげることに。そこで「プロモーションビデオの動画立候補したって聞いたけど何で?いつもだったら『それは私がやるべき仕事なのでしょうか?』とかぎゃんぎゃん言うくせに珍しい。」と聞かれ、

「目の前の課題をクリアしたら自分を変えられそうな気がする。そう言って頑張っている人がそばにいる。実際彼女は一つ一つ目の前の問題に立ち向かって一歩ずつ前進している。今回のは、その彼女の真似です。自分以外の者の為に行動を起こしてみる。それは私にとって未知なる挑戦でした。」それで結果どうなったの?「意外でした。ただいいものにしようとしようとひたすらやっていたら皆が協力してくれて。結果評価を得ることが出来ました。なんなんですかね?これは?」「何言ってるの?それは木原さんの努力に対して周りが答えただけでしょ。そういうのをチームワークっていうんじゃないかな。」なんか、いい感じでサヨナラします。

里琴
里琴
あの二人どうしたかな。
ちょうどいいブスの神様
ちょうどいいブスの神様
ちょっと、こっち来てー!

ショックで心が動かなくなってしまった2人が、神様のところでコタツにみかんでダラけているところへ里琴が呼び出されます。

2人の状況を知った里琴は「傷ついてるのに慣れっこなふりして『こんなのいつものことだー。』なんて言いながら心の中はボロボロなんでしょ!」とキレます。「全然痛くない顔して今も必死にやり過ごして、でも一人になったらどうせ泣くんだろうなって!!ただただ自分がみじめで情けなくて自己嫌悪にまみれた涙流すんだろうなって!そう思っただけで悔しくて腹立ってくる!!!なんで平気な顔してるの?頑張ってきたんだから痛いなら痛いって言えばいいじゃん!」

彩香「しょうがないじゃないですか!だって、こういう生き方しかしてこなかったんだから!『痛いときは我慢する。泣きたいときは一人で泣く。』そういうやり方しか知らない!」

佳恵「こうなったのは全部神様のせいだ!目を背けたままでいたら、こんな思いすることなかったのに。『ブス認めろ。』なんて言うから!怖いよー。何も無くなっちゃった。」

“苦しい事ばかりは続かない。”そう信じたいですね。

 

 

 

ABOUT ME
yumi
yumi
水曜担当。 いつも必死だけど空回りしている母。美味しいものを見つけて食べに行くことが大好き。