大人の習い事で生徒間トラブル。先生の手伝いをしたら古いお弟子さんに文句言われた

日曜日はウララボの日。1週間の毒を吐いて、スッキリ月曜日を迎えよう!今回の話は…

「大人の習い事と生徒の間の礼儀について」古くからのお弟子さんからのお小言…まぁうるさいお局はどこにでもいますよね…

生きていると、いろいろな人に出会いますよね!

先日、ここ最近で一番ブチ切れたことがあり、毒を吐きますw

おつきあいくださいませ〜

「しきたり」大好き女にマウントされた私

私、昨年から「道」のつくお習い事を始めて、とても楽しんでいるんです。

なかなか上達しないけれど、奥が深いというか、人間性が磨かれるというか。

教えてくださる有段の先生方は、本当に良い方ばかりで、超ド初心者の私にも親身に何度も教えてくださいます。

そんな先生に少しでも報いたいと、先生からの依頼もあって講習会のお手伝いに出ることにしました。

しかーし!!平和に講習会が終わったと思った矢先、私のお手伝いが気に入らないとイチャモンをつける、姉弟子さま(推定50代)が現れました。

もちろん、姉弟子さまはお手伝いに来ていません。

あなた、どうしてお手伝いに来ているの?初心者なのに人に教えようなんて…そんな奢ったこと考えてるの?
……?(なんのこと?)
こんな公のイベントにあなたが顔をだすなんて、ありえない事でしょ?先生に媚でもうっているの?
……?
(心の声:先生に頼まれた受付とかお茶出しの裏方で、人に教えるなんてことしてないのに〜?)

お茶出しとはいえ、先生に依頼されてイベントに参加したという事が気に入らないご様子…。「はぁ〜?なんじゃそりゃ~?」ですよね。

そして、究極の一言

しきたりを分かっていないのよ、あなた
はあ…?(どんなしきたり?)

相手からしたら、「しきたりを知らない女」ということで噛みつかれた私。

どうしてお手伝いにも来ていない人に、なんでそんなこと言われる筋合いがあるのでしょうね?

事を荒立てるのも面倒なので、

すみません。以後気をつけます

と一応謝りました。…が、どーしても納得いかない私。反撃じゃw

私の仕返し方法 確実にパンチを入れてやるのだw


こういう、権威に弱い人種をやっつけるには、権威でもって威嚇するのであります!

早速、一番権威ある先生に(泣)の電話。

先生のお役に立ちたかったのに、みなさんのご迷惑になってしまって申し訳ありませんでした。私の至らなさで場の雰囲気を悪くしてしまったようです

もちろん先生は私に対して怒るわけないので、

いやいや、そんな誹謗中傷をだれがいっているんだ?きみはしっかりお手伝いしてくれたじゃないか?

と擁護してくれる先生。

さあ、反撃開始。

それとなく、誰かがわかるような言い回しで、

「しきたりを守れない」と言われた旨を伝えると、先生激怒。

どんな、しきたりを作るかは私が決める!新人いびりするなんて、道を目指す人間として最低だ!

と先生さらに激怒。

ここまで来たら、私の勝ち!!

後日、その姉弟子さまは、先生にこっぴどく叱られ、二度と私にお小言を言えなくなりました。

認めてほしければ、”自らの姿勢を正しましょう”と言いたい

私にお小言をいった姉弟子さまは、私にへんなマウントしたことで、本当に権威ある先生に、超マウントをされてぺしゃんこにされました。

私の気持ちが晴れたか?といえば、仕返ししたとはいえ、いやーな気持ちしか正直残らない。

結局、自己顕示欲を満たしたくて、自分より弱い立場の人をいじめてみても、なんにもいい事ありません。お互い嫌な気持ちになるだけ。

新人をいじめても、先生のお気に入りなんてなれないぞ

今回のように、一番好かれて気にいられたい人から、大目玉をくらうことだって起こりうるんですから。

どんな関係でもそうですが、自分を立派に見せたいがために、人を攻撃して成功することっってあるのかな?と思います。

腹黒具合は、すこし接すれば分かってしまったりするものですよね

姑息な手を使うより、日頃自分がやるべきことをちゃんとやっていれば、そんな人を陥れなくても、自然と評価も人望もあがってくるものです。

いろいろな人を見ている人ほど、作った姿なんてすぐ見抜いてしまうものですよ。

先の先生も、私が言うまでもなく、私をいじめた姉弟子さまの素性を、すでに良くご存じでした(笑)

それならば、正しい努力というか、正しく認められる方法を愚直にやっていったほうが、結果いろいろなものがついてくるのでは?と思います。

久方ぶりにいやーーーーな思いはしましたが。。。

私は私の人生を人を陥れたりすることなく、生きていこうと、あらためて心に決めた事件でありました。

ABOUT ME
ウララボ
ウララボ
日曜担当。 日常に隠れるウラ話でストレスを発散するブラックサンデーを提唱している。